【洒落怖】俺が異世界に行った話をする – 2ch死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
新着
人気記事一覧
洒落怖系の人気記事
人気記事
スポンサーリンク
49: ◆oEuXbtOECc 2012/06/23(土) 00:37:36.73 ID:wZKc7ADxO

後部座席真ん中で左右は警官。

またまた俺は緊張しながらずっと移動した。

で、一時間ぐらい車内にいたんだが、眠くなって俺はそのまま眠ってしまったんだ。

気がつくと俺はベッドで横になってた。

車の中じゃなくて病院みたいなところ。

医者なナースっぽいのがたくさんいた。

起き上がろうとすると頭がガンガンに痛くなって、無茶苦茶気分が悪くなった。

50: ◆oEuXbtOECc 2012/06/23(土) 00:40:15.07 ID:wZKc7ADxO

医者が俺の顔を覗きこみながら、ペンライトみたいなのでまた目や耳、口内を見られた。

とにかくちょっとの衝撃で頭が割れるように痛いので何もしてほしくなかったが、身体もうまく動かせなかったので、おとなしく耐えてた。

医者が診察を終えると他の医者達となにやら話しをし始めた。

で、話したかと思うと今度は違う医者がペンライトではなく顔や頭を触ってきたり、機械の棒みたいなのを耳や鼻に突っ込んだりされた。

医者達は基本的に無表情だけど、話す時は怪訝そうな感じだった。

俺はいい加減イライラしてきて「痛い!」って声にだした。

発した瞬間に医者達はかなりびびった感じになった。

で、そのあと、すぐに肩のあたりを注射されて意識が薄れていった。

51: ◆oEuXbtOECc 2012/06/23(土) 00:44:02.23 ID:wZKc7ADxO

気がつくと金属というか壁とベッドとトイレしかないような部屋にいた。

窓もないし、本やテレビもない、何もない部屋だった。

ただ、天井には監視カメラが四台ついてた。

起きようとするが、頭痛が酷くてうまく起きれなかった。

ゆっくりと身体を起こすと壁が隠し扉?みたいにノブがないんだが、そこが開いてナースが入ってきた。

ナースは食事をキャスターで運んで、俺の耳に金属の棒を入れて、すぐ出したあと、何もいわずに出ていった。

パンとゆで卵とサラダとオレンジジュースだったが、オレンジジュースだけ飲んだ。

54: ◆oEuXbtOECc 2012/06/23(土) 00:47:42.74 ID:wZKc7ADxO

とにかく頭痛が酷くて動けなかった。

でも、眠るのも限界で全く眠くない。

痛みを我慢しながら少しずつベッドからでてみた。

格好は病院着みたいなワンピース?で下着とかはいてなかった。

で、ベッドが降りて立とうとするんだが、うまく立てない。

足に力が入らずにふらふらと床に倒れ込んでしまうんだ。

そのまま激痛が走って、気絶。

気がつくとまたベッドの上だった。

55: ◆oEuXbtOECc 2012/06/23(土) 00:49:59.05 ID:wZKc7ADxO

そんなのが何回か続いたあたりで発狂?っていうかとにかく叫びたくなった。

頭が痛いのもなんとなく快感に変わって、俺はとにかくベッドの上で叫びまわってた。

ごろごろベッドの上を笑いながら転がったり、監視カメラに向かって一生懸命話しかけたりしてた。

笑いがとにかくとまらない。

かと思うといきなりこっちの世界が恋しくなって泣き始めたりしてた。

定期的かはわからないが、気がつくとベッドに拘束された状態でMRIっていうの?みたいなのの中に入れられたりしてた。

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 00:55:28.56 ID:wZKc7ADxO

正直、感覚がいろいろおかしくなってきていて頭痛→快感→熱さ・寒さ→こそばゆいと頭の感覚は変わっていった。

熱さとか寒さはとにかく頭が熱かったり、寒かったりする。

尋常じゃないぐらいに。

新しい感覚が頭に入る旅に俺はキャーキャー言ってた。

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:03:01.54 ID:wZKc7ADxO

しばらくそんな生活が続いて、またMRIの中に入れられたんだ。

で、ブウーンって低い音が響いたかと思うと頭が破裂するぐらいの激痛が走った。

目玉が飛び出すぐらい頭に力が入った。

のたうちまわるんだけど、拘束具で動けなくて、ガチの悲鳴をギャーギャーあげてた。

そのまま気絶して、気がつくとまたベッド。

そしたら気分というか感覚が元通りになった。

痛いのも変な感覚もなく普通。

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:05:36.75 ID:wZKc7ADxO

そしたら今度は部屋の中を普通に歩けるようになったので、部分し始めた。

とくに何もみつからかったが、壁は柔らかかった。

で、いきなり部屋の中にまたあのわけのわからない言葉でいろいろ言われ始めた。

罵倒される感じじゃなく、説明する感じで。

で隠し扉みたいなのが開くと普通の格好をしたおじいさんとおばあさんが入ってきたんだ。

本当に普通。

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:07:33.62 ID:jVoASGqFi
おい、文章が壊れ始めてるぞ
おまえは本当にもといた世界に帰れてるのか?

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:08:46.20 ID:wZKc7ADxO

入ってきたおじいさんとおばあさんはいきなりひざまずいて、泣きながらまたまたわけのわからない言葉を言った。

俺は???なわけだが、二人は泣きながら手を合わせたり土下座したり。

どうしていいかわからないからボーッと立っていたら俺の右手におばあさんがしがみついた。

えっ!と思ったらおばあさん、泣きながらさらに頭を下げたり、俺を見上げたりした。

俺も姿勢を低くするためにひざまずくと二人はさらに頭を床に擦りつけて、土下座した。

状況や言葉はわからないが、どうやら謝っているように見えた。

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:12:44.08 ID:wZKc7ADxO

俺は事態がわからないながらも何か申し訳なくなって、おじいさんの両手をとって握ってみた。

そしたらまた号泣。

ずっと???なわけだが、いきなり隠し扉が開いて警備員みたいな人に軽く引っ張られてながら二人は出ていった。

で、隠し扉の向こうが気になって覗いてみたが真っ暗でよく見えなかった。

さらに今度は警備員に連れられて子供がやってきたんだ。

スーツにネクタイで丸坊主の白人だった。

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:14:38.27 ID:bJjS4duz0

面白くて寝れねえじゃねえか

はよ完結させてくれ

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:15:47.56 ID:wZKc7ADxO

子供は警備員に守られながらゆっくりと俺に近づいてきた。

で、俺の50cmぐらい前にきたらボンッて音がした。

音と一緒に子供の首周りの襟巻きトカゲみたいに金属の板が広がったんだ。

俺はびびってのけぞいたんだが、子供はそのままゆっくりと近づいてきた。

で、右手をゆっくり差し出してきた。

その瞬間に俺は警備員に押さえ付けられて頭を下にされたんだ。

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:17:37.89 ID:bJjS4duz0

だんだん話がわからなくなってきた

帰ってこい!

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:19:25.16 ID:wZKc7ADxO

警備員に後ろで押さえ付けられながら、頭を上からぐいぐい押された。

子供は手を俺の耳にあてた。

そしたらブルブルッと震えがきたんだ。

子供は機械音声みたいな声でキーイーハーキーみたいな声を発した。

頭が下に向いてるから何をされているかよくわからなかったが、耳の穴から何かが入ってくるのがこそばしさとモゾモゾ音でわかった。

モゾモゾ音がしばらく続いた後、ブチッと音とともに激痛が走った。

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:20:54.53 ID:VVZLk4HJ0
ちゃんと読んでるから、続けて。

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:21:01.61 ID:YSCXVBEg0
電波な展開だな

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:18:55.21 ID:1Q4Kdb9v0
>>1に俺らの言葉はちゃんと見えているのか

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:22:46.55 ID:wZKc7ADxO

>>79
大丈夫です。ちゃんと意味わかります。

どうも鼓膜を破ったらしく、頭の中の触れない部分を触られてる感覚があった。

反対の右耳からはゴソゴソみたいな音が聞こえた。

痛くて痛くて仕方なかったし、何より耳から何かが侵入してる恐怖で全身に力を入れたが、警備員は増え、さらに厳重に押さえ付けられた。

悲鳴も上げたが、この行為は続行。正直、このまま死ぬと思った。

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:27:52.96 ID:wZKc7ADxO

とにかく苦痛と恐怖に耐えた。

「次の瞬間死ぬ」と何度も感じたが、とにかく何もしなかった。

しばらくするといきなり頭の中でキキキキキキキキキキカカカカカカカカカカというような音がなった。

だんだんと音は高くなっていった。

で、しばらくすると音が高過ぎて頭が痛くなってきた。

それでも音は鳴り続け、さらに頭の中を指みたいなのが触ってくる感覚がきた。

押したり、つねったりされてる感覚。

で、真ん中からスパッと頭を別けられるような感覚がきた。

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:31:04.13 ID:wZKc7ADxO

死んだ!と思ったが、身体はそのまま。

頭の中から音や指の感覚はなくなっていった。

子供の足が後ろに下がっていって俺を押さえ付けてた警備員も離れた。

俺はその場にへたりこんだ。

で、子供の手を肩のところまで血?がついてた。

左耳を触ってみたら、案の定俺の手にも血がついた。

隠し扉が開いて、子供と警備員はでていった。

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:41:24.90 ID:u5n3xCie0
こわい
>>1の文章が少し変なのがもっとこわい

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:43:55.35 ID:voGbj4JvO
未来にトリップしたっていう設定だろ?

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:44:19.31 ID:wZKc7ADxO

すいません、夜食食べてたので遅れました。

その後、ナースと警備員が入ってきて、耳の血を拭いてくれた。

耳には血が付いてるだけで、出血はなかった。

ナースが作業を終えると今度はまた医者がやってきた。

アイパッド?かノートPCみたいなものを持ってた。

105: ◆oEuXbtOECc 2012/06/23(土) 01:49:14.34 ID:wZKc7ADxO

アイパッドみたいなのの画面をこちらに見せてくるんだが、警察の時と同じような画像ばかりだった。

俺はお腹が空いたし、休みたかったが、それを伝えることもできず、だるそうに対応というか医者を相手にしてた。

何枚か画像が変わった時に俺のマンションの外観の画像が出た。

今までは人物や風景、何かイベントの写真ばかりだったのにいきなり知っている画像が出て俺は驚いてついつい反応してしまった。

医者は俺の反応を確かめたみたいで次の画像にいくとマンションの俺の部屋の入口の画像になった。

110: ◆oEuXbtOECc 2012/06/23(土) 01:52:26.20 ID:wZKc7ADxO

画像は俺の部屋の中に入っていった。

リビングやキッチン、風呂場、寝室と写っていた。

キッチンから外を見る限り、この画像はこちらの世界っぽかった。

画像を全て見せ終わったようで画面が真っ暗になった。

医者達は真っ暗になったのは確認すると落胆してる奴とか熱く語りはじめる奴とかがいた。

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:53:08.72 ID:SFSaG0lV0
>>1の記憶を画像化して、見せて来てるんじゃね?

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:53:44.39 ID:mgwXMxgY0
おお、盛り上がってまいりました

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:54:30.67 ID:E3IxpwGrO
寝れねえじゃねえか…!

115: ◆oEuXbtOECc 2012/06/23(土) 01:55:27.45 ID:wZKc7ADxO

で、熱く語っている中、で一人の医者がアイパッド?を出した。

周りの医者が「やめろよ!」みたいな感じでアイパッドを抑えようとして、喧嘩っぽくなった。

警備員が間に入り、今度は怒鳴り合いが始まった。

俺を何度も指差して何やら怒鳴ってた。

怒鳴られたほうも首を振ったり、両手で何かジェスチャーして何かを必死にお互いに伝えあってた。

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:59:21.24 ID:wZKc7ADxO

しばらく討論みたいなのが続いて、結局、懐からアイパッドを出した奴は負けたみたいでおとなしくなった。

で、結局、別の医者がアイパッドを出してきて、またわけのわからない人物や風景の写真を見せられた。

医者は五人いたと思う。

代わる代わる画像を見せるが、始めの一人以外の画像は意味不明だった。

で、最終的に懐からアイパッドを出した討論に負けた奴がニヤニヤしながらアイパッドを出した。

なんか怖かったけど、アイパッドを見ると

イ 画

ら 桜

って書かれた画面を出された。

俺は???ってなって何も反応しなかった。

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 02:01:53.48 ID:wZKc7ADxO

次にそいつはまたニヤニヤしながら画面を変えた。

今度は

そ あ

ややや

メンかな

みたいなことが書いてあったと思う。この辺はあまり正確じゃないかも。

俺はまた無反応なんだが、そいつはニヤニヤしながら画面を変えていった。

しかも、時々、こらえられないのかプッと吹き出したりしてた。

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 02:05:37.57 ID:+B8WNEa70
このニヤニヤ医師は何か悟ったようだな

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 02:07:29.94 ID:ccBuX/KJ0
にやにや

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 02:08:27.74 ID:NgX4+vrFO
こわいお

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/23(土) 01:57:04.66 ID:l9GZx9W30
なあ。結局戻れたのか?

124: ◆oEuXbtOECc 2012/06/23(土) 02:06:23.82 ID:wZKc7ADxO

>>116
戻ってきてますよ。

ニヤニヤしたり吹き出したりしてると周りの医者が「やめろよ」ってな感じで肩を叩いたり、無理矢理向きを変えようとしてた。

で、いきなりゲラゲラ笑い出したかと思うとアイパッドの画像が中庭の画像になった。

俺は中庭だと思ってまた反応してしまった。

何となくとても懐かしい感じがした。

マンションの外観やキッチンや寝室、リビングも懐かしいはずなのに、中庭のほうになぜか感動した。

医者はゲラゲラと笑いながらアイパッドを俺の顔に近づけてきた。

131: ◆oEuXbtOECc 2012/06/23(土) 02:10:22.77 ID:wZKc7ADxO

アイパッドが俺の顔面に当たって、今度は警備員に医者が取り押さえられた。

5人の医者中で始めに俺に画像を見せた医者が隠し扉の方を指差して、なんか怒鳴った。

中庭の画像を見せた医者はゲラゲラ笑いながら何かを俺に向けて怒鳴りながら警備員に退場させられた。

残った医者達は頭を下げてきた。

俺も頭を下げた。なんとなく。

そのまま医者や警備員達は部屋を出た。

『【洒落怖】俺が異世界に行った話をする – 2ch死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?』へのコメント

  1. […] がいるんだよ、と。 https://occultan.com/?p=349 […]