【洒落怖】幼少から続いてる恐ろしい体験を話す【長編】 – 2ch死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
新着
人気記事一覧
洒落怖系の人気記事
人気記事
スポンサーリンク
302: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 00:50:32.74 ID:Cf9Z2/cF0

まず俺は、彼女に校内を中心に聞きこみをして欲しいと伝え、自分は校内にカナコさんという名前の人が居ないかどうかを探した。

しかし、これは難しい話で、一つ一つのクラスを回る訳にもいかないし
居たとしても、「可南子や香夏子」であったり一致する名前は居なかった。

そんな最中、怪奇が起きてしまった。

スポンサーリンク

304: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 00:52:05.17 ID:Cf9Z2/cF0

夜中、寝ていて目が覚めた俺は、尿意を感じてトイレへと向かった。

用を足し、部屋へ戻った俺は異変に気付いた。

俺「寒い・・・」

部屋を出る前と比べて、明らかに室温が下がっている。

その日は温かい日だったのに、この部屋だけが隔絶されたかのように寒い。

307: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 00:54:45.23 ID:Cf9Z2/cF0

俺「何なんだ・・・」

気にはなるものの、布団へと潜り込む俺。

しかし、何気なく窓の方へ目をやった瞬間、俺は戦慄した。

窓に・・・Aの家で見た女が張り付いている。

308: 名も無き被検体774号+ 2013/05/01(水) 00:55:12.50 ID:CHwTpmK5I

うわあああああ!!
怖いよ!!

どうしよう部屋から出れないwww

309: 名も無き被検体774号+ 2013/05/01(水) 00:55:14.52 ID:eClcYjkM0
カーテン閉めてないのかよwwww

310: 名も無き被検体774号+ 2013/05/01(水) 00:55:18.93 ID:Cs++r0Hy0
ひいぃ!トイレ行けないいい

311: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 00:57:10.00 ID:Cf9Z2/cF0

俺「ぁ・・・」

声が出ない、金縛りにあったように体も動かない。

バン!!!!!!
バン!!!!!!
バン!!!!!!

俺「!!!!!!!!」

女が狂ったように窓を叩き始めた

315: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 00:59:01.56 ID:Cf9Z2/cF0
バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!
バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!
バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!
バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!
バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!
バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!
バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!
バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!バン!!!!!!

317: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 00:59:48.90 ID:Cf9Z2/cF0

俺「た・・・頼む、消えてくれ!!」

目を閉じ、心の中で必死に念じる。

バン・・・!

バン・・・!

・・・

俺の願いが通じたのかどうか、音がしなくなり、目を明けると女は居なくなっていた。

俺はあまりの恐ろしさに、頭から布団を被り、朝まで震えていた。

318: 名も無き被検体774号+ 2013/05/01(水) 01:00:08.17 ID:x/yMaWpPP
バンバンバンバンバンバンバンバンバンバン
バン       バンバンバン゙ン バンバン
バン(∩`・ω・)  バンバンバンバン゙ン
_/_ミつ/ ̄ ̄ ̄/
\/___/ ̄

323: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) 2013/05/01(水) 01:01:02.91 ID:XW73/zAv0
>>318
ちげぇwwwww

320: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:00:25.38 ID:Cf9Z2/cF0

もう時間が無いかもしれない・・・、俺は必死に情報を集めようとした。

俺「何か分かったことはない?」

彼女「うーん、特に無いなあ、あーそういえば」

俺「ん?」

彼女「あたしも見たんだよね、加奈子さんの夢」

325: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:01:12.77 ID:Cf9Z2/cF0

俺「え・・・」

彼女「そんな心配しなくても大丈夫だって!」

俺「・・・・・・」

彼女は楽観的だが、俺は焦った。

327: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:02:13.56 ID:Cf9Z2/cF0

俺は血眼になって探した、噂の当事者を。

そんな最中、彼女がついに、噂を詳しく知っている人を探し出してくれた。

彼女「卒業生の人で、噂について詳しく知ってる人が居るらしいよ」

俺は、彼女に頼み込み、当事者とアポを取る事に成功した。

328: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:03:21.51 ID:Cf9Z2/cF0

俺「ここか・・・」

指定されたのは、学校近くの喫茶店。午後5時。

中へと入り、教えられた席を探す。
客は殆ど居なかった。

俺「右奥のソファー席・・・あ、あれか」

席へと座り、待ち人が来るのを待つ。

329: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:04:09.43 ID:Cf9Z2/cF0

俺「来ないな・・・」

時間が10分、20分と経って行く
もしかして、すっぽかされたか?

そんな疑念も沸き始めた時

???「お待たせしました」

330: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:04:47.77 ID:Cf9Z2/cF0

俺「あ」

声を掛けられ、振り向くと、そこには一人の男が立っていた。

???「噂を詳しく知りたい、というのはあなたですか?」

俺「はい、えっと○○と申します」

???「E男です」

男は俺の向かい側へ座りった。

中肉中背、大人っぽく、顔立ちは整っているのだが、暗い表情をしていた。

俺「あの、噂を詳しく知っていると聞いたのですが」

E男「加奈子は・・・俺の彼女です」

333: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:05:43.28 ID:Cf9Z2/cF0

俺「え?」

想定外の言葉に、俺は驚きを隠せない

E男「彼女だった・・・というのが正確な言葉だけど」

俺「あの・・・その、失礼ですが」

別れたのか?と聞こうとしたが、流石に聞けなかった

E男「いや、居なくなったんだよ、急に」

俺「居なくなった?」

E男「うん、数ヶ月前に、忽然と」

336: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:06:47.79 ID:Cf9Z2/cF0

話を詳しく聞いてみると、加奈子さんは数ヶ月前に行方不明になってしまったらしい。

電話をしても全く通じず、住んでいた寮へ行って管理人に聞いても、ずっと帰って来て居ないとしか聞かされなかったらしい。

E男「これを、見て欲しい」

E男がカバンの中から取り出したのは、一冊の日記だった。

E男「加奈子の日記です、中を見てください」

人の日記を見るのは、ちょっと躊躇ったが、俺は読んでみることにした。

338: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:09:07.01 ID:Cf9Z2/cF0

○月○日
あー!もう暇!!
しかも盲腸で入院とか本当にツイてないよね・・・
あまりに暇だから、これから日記を書くことにする!!

どうやら、加奈子さんは盲腸で入院している際に、この日記を書き記したらしい。

340: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:10:04.18 ID:Cf9Z2/cF0
○月○日
今日、男の子と仲良くなったんだ!!
笑顔がとっても素敵な男の子!!
でも、名前を聞いても、歳を聞いても、「知らない」って言うの。
何だか変な子ね。
だから勝手に、○○ちゃんと呼ぶことにしたの!!

341: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:10:50.67 ID:Cf9Z2/cF0
○月○日
○○ちゃんは、自分からは喋ることが無い子。
でも、いつも寂しい、寂しいって言ってる。
お母さんとお父さんがお見舞いに来てくれるトコも見たことがない。
可愛そうに。
「お姉ちゃん一緒に居てくれる?」って聞いて来るから
「もちろんだよ!」と答えた。
○○ちゃんは嬉しそうだった。

342: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:11:30.75 ID:Cf9Z2/cF0

そこから先は、とりとめの無い日記になっていた。

病院のご飯がまずい、とか、Eがお見舞いに来たとか、手術怖かった、とか。

そんな日記も、退院の日が書き記されていた。

○月○日
今日で退院!退屈な入院生活ともオサラバ!!
最後に○○ちゃんに会いたかったけど、会えなかったな。
そういえば、あの子がいつも来るから、何号室に入院してたのかも知らないままだったな。
早く、退院出来ると良いけど。

そこから先は、退院した後の生活が記されている。

343: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:12:17.24 ID:Cf9Z2/cF0
○月○日
何だかすっごく怖い夢を見た。
目がない○○ちゃんが、私を連れて行こうとする夢だ。
寂しい、寂しい、って言いながら私を引っ張っていこうとする。
怖いなー。

344: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:13:03.97 ID:Cf9Z2/cF0

○月○日
毎日、○○ちゃんの夢を見る。
怖い。

○月○日
寝るのが怖い、また○○ちゃんが夢に出てくる。

○月○日
鏡の前に○○ちゃんが居た。

○月○日
どこへ行っても、○○ちゃんが付いてくる。
助けて。

日記はそこで途切れていた。

345: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:14:01.68 ID:Cf9Z2/cF0

俺「・・・・・・」

読み終えた俺は絶句していた、言葉に表せない。

俺「・・・何故、その、加奈子さんが夢に?」

俺は思っていた疑問を口に出した。

E男「分からない、でも俺も夢を見たんだよ」

俺「E男さんもですか?」

E男「ああ、既に現実に加奈子が現れている」

俺「じ、実は俺もなんです!!」

俺は今まであったことを洗いざらい話した。Aのこと、現実に現れた加奈子さんらしき人のこと。

俺「どうにか止める方法は無いのでしょうか?」

E男「・・・・・・」

347: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:15:12.77 ID:Cf9Z2/cF0

口を閉ざすE男に、俺は落胆を隠せなかった。

E男「もう、終わるよ」

俺「え?」

E男「・・・・・・」

そう言って席を立ったE男を俺は引き止める。

俺「待って下さい!」

E男「止めなくていい、それと・・・」

俺「え?」

E男「夢を見ていない君が何で・・・そこだけが分からない」

その言葉を残し、E男は俺の分の金も置き、去って行った。

348: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:16:06.30 ID:Cf9Z2/cF0

俺「・・・・・・」

残された俺はしばらく、呆然としていた。

それからと言うものの、俺の前に加奈子さんらしき人が現れることはなくなった。

加奈子さんの噂は下火になり、しばらく経つと、誰も話さなくなった。

Aはそれでも登校して来ることはなく、E男とは彼女を通しても連絡が取れなくなってしまった。
音信不通になってしまったらしい。

349: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:16:51.90 ID:Cf9Z2/cF0
そんなある日、意外な人から電話があった。A男だ。

350: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:17:51.92 ID:Cf9Z2/cF0

A男「よう」

俺「A男!久しぶりだな!」

A男「ああ」

俺「急にどうしたんだ?」

A男「・・・・・・」

俺「ん?どうした?」

A男「C菜のこと、覚えてるか?」

俺「勿論だろ」

A男「何か変わったことはないか?」

俺「う・・・あったな、C菜と関係あるかは分からないが」

A男「聞かせてくれ」

俺は今回の一件を詳しくA男に聞かせた。

352: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:18:23.94 ID:Cf9Z2/cF0

A男「・・・・・・」

俺「何だ?どうした?」

A男「そうか・・・」

俺「え?何?」

A男「いや、何でもない、またな」

そう言って、A男は一方的に電話を切ってしまった。

何だったんだろう・・・?

353: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:19:25.37 ID:Cf9Z2/cF0

また俺に何かが起きるのは大学生になってから。
長々となってしまった、興味ある人が居たら書きます。

次で完結するけど、あまりにも尻切れトンボで尚且つ不可解な内容になると思う。
内容も、胸糞悪いと思うが、それでも良ければ書きます。

354: 名も無き被検体774号+ 2013/05/01(水) 01:19:49.75 ID:2XvZ9jJe0
A男とは中学から疎遠なんだっけか?。
別に引っ越したとかで家が遠くなったわけではなかったんだろ?。

357: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:20:51.60 ID:Cf9Z2/cF0
>>354
家が遠くなったわけではないです。
でも、全然遊ばなくなりました。

361: 名も無き被検体774号+ 2013/05/01(水) 01:22:25.99 ID:2XvZ9jJe0
>>357
そっかそっかさんきゅ。
まあ会う意志がないと案外会わないよなww。

360: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:22:21.71 ID:Cf9Z2/cF0
あと、自分の文で不快になった方、数名いらっしゃるみたいなので
本当に申し訳ないです。
今更ながらオカ板に投稿すべきだったと反省しております。

362: 名も無き被検体774号+ 2013/05/01(水) 01:22:39.60 ID:UoOTmDJW0
ここまで来たら、最後まで見届けたい

363: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) 2013/05/01(水) 01:23:12.68 ID:XW73/zAv0
最後まで書いてくれ
他のやつが読まなくても、俺が読む

365: 名も無き被検体774号+ 2013/05/01(水) 01:24:00.97 ID:btHxL8IS0

いやいや面白い

最後までたのむ

366: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:24:14.50 ID:Cf9Z2/cF0
準備します

369: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:26:41.67 ID:Cf9Z2/cF0

俺は大学へ入学した。
さして頭も良くなかったが、推薦でそこそこの大学に入学することが出来た。

サークルへ入り、授業にちょこちょこ出ててはサークルに入り浸り、遊び回る。
まあ、どこにでも居そうな大学生だった。

そんな代わり映えのしない日常、異変が起きたのは大学3年生、サークルの合宿中だ。

370: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:27:28.99 ID:Cf9Z2/cF0

E子「ねえ、○○君、この荷物持って!!」

俺「え、あ、う、うん!いいよ!」

E子「あっついよねー、何でこんな山奥を合宿地にしたんだろう」

俺「ま、まあ夜は冷えるって言われてるし、涼しくなるんじゃないかな」

E子「そっか、キャンプファイヤー楽しみだね!」

俺「そうだね!」

突然の登場だが、このE子、俺が今気にかけている子である。
そこまで美人という程でもないが、愛嬌があり人を惹きつける何かを持っている。

何回か二人で遊んで、頻繁にメールでやり取りもしていたが、イマイチ進展が無い状態で
今日の合宿だった。

371: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:28:17.91 ID:Cf9Z2/cF0

F男「このこのー、憎いねー」

俺「うわっ!な、なんだよ!」

F男「この合宿で上手く発展するといいなー、あはははは!」

俺「何言ってんだ!聞こえたらどうすんだよ!!」

バンバン!と俺の肩を叩くF男、このF男という男はサークルで一番の仲であり
常日頃から共に行動を取っていた。

高笑いをしながら、荷物を持ち運んでいくF男
まあ、この合宿で仲を進展させることが出来れば・・・と、実際俺も思ってたのだが。

進展がない状態ともこの合宿を機にオサラバだ!!

よーし!!がんばるぞ!!!

先輩「何言ってんだお前」

どうやら口に出てしまったらしい、先輩の冷ややかなツッコミを背に、俺は顔を赤らめ荷物を運んでいった。

373: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:29:03.37 ID:Cf9Z2/cF0

その後、川遊びでE子の水着姿に見とれたりしつつ、川に突き落とされたりしつつしていると、夕食の時間になった。
夕食はカレーと焼きそばだった。キャンプ地から支給された薪では明らかに足りないので、数人が少し山へ入って薪を調達してくることになった。

E子「じゃあ、あたし行きます!」

E子がいの一番に名乗り出た、これはE子と二人っきりになるチャンスか!?

後輩「じゃあ、僕も・・・」

俺「・・・・・・・」

無言の圧力で睨んでやった。

後輩「あ、やっぱいいです・・・」

俺「行きます!」

先輩「そうか、じゃあ二人で頼んだぞ」

俺はほくそ笑んだ

374: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:29:52.01 ID:Cf9Z2/cF0

俺「な、何だか暑いね」

E子「そお?涼しいと思うけど」

俺「な、何か雨が降りそうだね」

E子「綺麗に晴れてるじゃん」

いかん、二人で遊んだ時もそうだったが、E子と二人っきりだと上がってしまう。

それにしてもE子はちょっとでも俺に気はあるのだろうか・・・?
本当に掴みどころのない子だ。

俺「なあ、E子、今好きな人居るんだよね?」

これは以前、俺が確認したことのある質問だ

375: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:30:41.38 ID:Cf9Z2/cF0

E子「んー?居るよ?」

俺「進展とかしそうなの?」

E子「うーん、難しそうだね」

俺「そうなのか・・・」

俺のことなのか!?という期待もあるが、名前を聞いてみてもし違っていたら目も当てられない。
名前を聞く勇気は俺には無かった。

E子「俺君は居ないの?」

俺「居るよ」

E子「きっと良い子なんだろうね」

俺「E子、君のことだよ」

E子「えっ!」

俺「好きなんだ」

E子「・・・実は私も、俺君のことが・・・」

376: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:31:27.77 ID:Cf9Z2/cF0

E子「何ボーッとしてんの?」

俺「あ、ご、ごめん!」

E子「早く薪拾わないと終わらないよー」

俺「う、うん」

俺の甘い妄想は一瞬にして打ち砕かれた。

せっせと薪を拾うE子に続き、俺も薪を拾っていく。

E子「うん、これくらい拾えば良いよね」

黙々と薪を拾い続け、気が付けば俺とE子は大量の薪を確保していた。

俺「うん、じゃあ戻ろうか」

俺達はキャンプ地へと戻った。

377: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:31:59.78 ID:Cf9Z2/cF0

夕食はあまり上手く作れたとは言えないが、皆で行う共同作業はとても楽しく
料理の味を倍増させてくれるようだった。

皆で盛り上がるようにして、料理を食べていたが俺は気がかりなことがあった。

E子がいない?

E子を探すように周囲に目を配ると・・・、いたいた、E子だ。
何故か、皆から距離を取るように食事をしている。

俺は立ち上がり、E子の分のビールも片手に近づいていった。

378: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:32:44.99 ID:Cf9Z2/cF0

俺「何してんの?」

E子「あ、俺君」

俺「皆と一緒に騒げば良いじゃん、どうしたの?」

E子「あたし、あまり騒がしいの好きじゃないんだよね」

確かに、E子はそんな傾向がある。基本的に明るい子なのだが、サークルで騒いでる時もあまり輪には入りたがらない。

E子にビールを手渡し、自分も蓋のタブを開ける。
二人で乾杯をし、口につける。

何を話したもんか・・・と思案していたが、おもむろにE子が口を開いた。

379: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:33:17.71 ID:Cf9Z2/cF0

E子「今まで言ってなかったけど、あたしさ、親が居ないんだ」

俺「えっ、そうなんだ」

E子「唯一肉親だった妹も、半年前に行方不明になってるの」

俺「・・・・・・」

俺は言葉に窮した。

E子「あはっ、ごめんね!急に暗い話なんかしちゃって」

俺「いや、大丈夫だよ」

E子「あたしの家も、あんな風に皆で楽しく食事してたの。だからちょっと胸が苦しいんだよね」

俺「そうなんだ・・・」

E子「暗くしちゃってごめんね!明るい話に切り替えよう!」

俺「うん!」

その後、E子と色々な話をした。楽しかったこと、面白かったこと。そして将来のこと。

380: C菜の夢 ◆OATxHqmYYE 2013/05/01(水) 01:34:03.26 ID:Cf9Z2/cF0

俺「俺、教師になりたいんだ、小学校の。E子は何になりたいの?」

E子「・・・・・・」

あれ、E子の様子がおかしい。

俺「ま、まだ決めてないのかな」

E子「・・・・・・」

E子は俯いたまま答えない。

何かまずいこと聞いちゃったかな・・・。

E子「あ、そろそろ戻ろうかな」

E子は俺の質問に答えることなく立ち上がる。
そこには既に、暗い表情をしたE子は居なかった。

俺「あ、うん、そうだね」

E子「二人であまり消えてたら、変に怪しまれちゃうもw」

俺「別に俺は良いけどね」

E子「えっ?」

俺「いや、何でもない、戻ろう」

その後、二人で戻った所を色んな人に冷やかされたりしたが、その日は滞りなく一日が過ぎていった。

それにしても、あのE子の様子は何だったんだろう?

『【洒落怖】幼少から続いてる恐ろしい体験を話す【長編】 – 2ch死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?』へのコメント

  1. 名前:七氏 投稿日:2018/01/21(日) 18:02:09 ID:662464a7d 返信

    あのさ、 あなたの娘さんは地獄に落ちました っていう感じの名前のスレにちょっと似てない?

  2. 名前:96inu 投稿日:2018/05/26(土) 15:09:21 ID:1b2cbefaa 返信

    これか、前見た事あるけど、猿夢と全く同じだよ、対処の仕方は

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/09/04(火) 11:14:44 ID:346b081ac 返信

    物書きの能力皆無なのに「え、あ、う、うん。」とか、「なーにしてんの。」みたいな素人小説みたいな蛇足とセリフが多すぎて駄作

  4. 名前:匿名 投稿日:2018/10/01(月) 10:56:00 ID:5ba7133ea 返信

    糞つまらん
    もっとうまい嘘つけ

  5. 名前:匿名 投稿日:2018/10/17(水) 18:27:43 ID:3f910d30e 返信

    ダメだ、流石に作り物臭さがある

    もっと上手く書いてくれ

  6. 名前:匿名 投稿日:2018/12/13(木) 17:14:46 ID:e6dd43654 返信

    E子とのラブラブエピソードいるか???

  7. 名前:匿名 投稿日:2018/12/24(月) 17:34:58 ID:b1530f020 返信

    確かに蛇足なところはあるが洒落怖はもともと実話、創作関係なく怖い話出すところだろ?駄作とか言ってるのがちゃんちゃらおかしいわ。

  8. 名前:Atom 投稿日:2019/01/12(土) 15:48:38 ID:de4ac5c94 返信

    「幼少から続いてる…」が「幼児から…」に見えて登場人物全員ロリキャラで脳内再生した

  9. 名前:匿名 投稿日:2019/02/08(金) 10:04:49 ID:6f8f9c183 返信

    冒頭で「記憶があやふやだから脚色を加える」って書いてたんだから、小説っぽくなるのは当然

  10. 名前:匿名 投稿日:2019/02/11(月) 15:17:32 ID:2e83307ce 返信

    1時間くらいかけて読んだわ、面白かったよ

  11. 名前:匿名 投稿日:2019/05/24(金) 20:32:31 ID:813bbb75b 返信

    俺は好き

  12. 名前:匿名 投稿日:2019/08/04(日) 11:03:08 ID:4edecc457 返信

    なんかわからないけど
    面白い小説だった